よみきり

2

4

3

1

【イコライザー】めっちゃ続編を観たい映画!

2016/08/22更新

12-inch MacBook - スペースグレイ

おそらく80%の人は面白いと感じるだろうなと思う名作です。

すごく人気があったので、アントワン・フークワ監督の作品では珍しく続編「イコライザー2」が2017年9月29日から全米で公開されるそうです。続編がもっと面白いと、さらなる大ヒットシリーズになる予感が!?
個人的には、次は「バットマン・ダークナイト」のジョーカーや「ターミネーター2」のT1000を超えるぐらいのインパクトがあるスーパー最強の極悪人が登場してほしい!

MacBook ProとMacBookのキーボードを くらべる!

元CIAの男が少しずつ力を
解放していくのがシブい

本作は、フツーに生きていた元CIAの男(アメリカの大統領の命令で動くスゴイ組織をやめた人)が、ヒドい目にあっている女の子を助けるために、恐ろしく悪い組織とたたかう物語。

1989年 アメリカ合衆国で放送されたテレビドラマシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」の劇場版ですが、関連性はあまりなく、この監督ならではの安定感のある素晴らしいオリジナル作品になっている。

アントワン・フークワ監督は、沢山の人に指示をして、この作品に魂を込めた人ですが、監督によって、作品の特徴は必ず決定づいていくものです。

「トレーニングデイ」「エンド・オブ・ホワイトハウス」「ザ・シューター」など、どこか隠された魅力を持つ人が、実はスゴイ人だったという映画を撮ると最高に上手い。

この監督の作品は、飛び抜けた特徴は無いものの、物語の運び方に力強い安定感があり、中途半端な終わり方はさせず、最後まできちんと終わらせてくれる。

そのため、この監督の作品は、ハズレが無く安心して観れる作品が多い。

クリント・イーストウッド監督の「許されざる者」などのリメイクを撮ると面白いかもしれない。

あと、マーベルコミックの「アベンジャーズ」など、アメコミ映画も作ってみてほしい。

つぎへ

3

1

4

2

Copyrights © 2016 SHONEN CUTOUT. All rights reserved.

よみきりについて